近年、新車市場でも勢いを増している軽自動車。
はたして軽自動車の魅力とはなんでしょうか? 徹底解説いたします!
MENU
HOME
軽自動車とは
軽自動車のメリット
軽自動車のデメリット
軽自動車の種類
軽自動車の価格帯
軽自動車の維持費
軽自動車の燃費
軽自動車の車検
軽自動車の中古車購入は損なのか?

軽自動車とは

軽自動車のイメージと言えば、「小さくて黄色いナンバープレート」
という事くらいしか知らない人も多いのではないでしょうか。
しかし、実は現在の日本では、しっかりと規定や決まり事が制定されているのです。

元々、日本における軽自動車の歴史は、
昭和24年7月に初めての軽自動車に関する規定が制定される所から始まります。
当時制定された規定は、現在の軽自動車の規定よりもずっと小さく、
四輪、三輪、二輪などの区別もありませんでした。
そこで、翌年の昭和25年になると、四輪、三輪、二輪の区別が設けられ、
中でも四輪と三輪の軽自動車に関しては、
全長3m以下、幅1、3m以下、高さ2、0m以下というように変更され、
技術の発展と共に、排気量も300ccまで拡大されて行ったのです。
そして、その後何度も規定の改正や、排気量の拡大が行われ、
平成10年に制定された軽自動車の規格が、現在の規格となっているのです。

現在の軽自動車の規格制定は、
全長3、4m以下、幅1、48m以下、高さ2、0m以下で、
排気量が660cc以下である事が法律で決定されています。
最近の軽自動車は、この規格いっぱいいっぱいに室内を広く設定した車が多く、
決められた範囲の中で、できるだけ室内空間を広く確保しようと考案された、
外観が四角い雰囲気のフォルムの車種が多く生産されている傾向にもあります。
また、排気量が660cc以上2000cc以下の車は、小型自動車、いわゆるコンパクトカー。
排気量が2001cc以上になると普通自動車に分類されます。

昔の軽自動車に比べると、随分印象が変わってきた軽自動車ですが、
変わらない規格の中で、十分な機能や性能を兼ね備えた車がどんどん開発されるのも、
日本の技術力が大きく進化している証とも言えるのではないでしょうか。

 


Copyright© 軽自動車ってそんなにお得なの!? Allrights reserved.